POLYGLOTホームページ
EURISTICAトップページへ戻る
EURISTICA

 

 


通信教育講座

英語作文 ドイツ語作文  フランス語作文 イタリア語作文 スペイン語作文


4か月(期間限定です)16課からなる、期間限定の「特別コース」です。  このコースは、猪浦先生の持論である「学校でおそわらない作文術」(その具体的な例は「教育ポリシー」の後半部分をご覧下さい)のメソッドを反映した画期的なコースです。

 〔猪浦先生からの講座の内容説明 

 全体は16課、1課10問づつ、全160問の平易な日本語(基本文型を網羅しています)を、あなたが思う通りに英語(フランス語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語)で書いてみます。(思い浮かばない場合は無理にデタラメを書く必要はありません。これは学校のように得点を争う勉強ではなく、あなたの「ウィークポイント」を探すための問題なのです。できない人は幸いあれ、です。なぜなら、人間ドックに入って悪いところがみつかり、早期治療が可能になったようなものだからです。外国語というものは、方法論が悪いと本当に上達しないものなのです。 

 私の方は、私が課題のポイントとしてコメントしたい事項について通りいっぺんの解説は用意してありますが、なかには「独創的」な解答を書かれる方が出てきますので、全員の添削が終わった後で「このような表現、単語を使った人がいたが〜」という解説を付加します。 

 この講座は皆さんが想像しておられる作文講座とは異なります。「通じる英語(フランス語、イタリア語スペイン語、ドイツ語)を書くためにはどのような知識がなければだめか(その意味ではほとんどのみなさんはその「知識」を教わっていないと断言できます)、どこから先はネイティブにきくしかないか」といったような、いわば「外国語で書く時に必要なガイドラインを皆さんに理解していただく」ことを主眼とした講座です。テレビ番組や巷に出回る会話本のような、単なる「いえるかいえないか」競争の講座ではありません。 

 この講座を終えられた方は、たちまち英語(フランス語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語)が書けるようになる、とは申しませんが、少なくとも、自分の書いた英(仏、伊)文が通じるかどうか、がはっきりと自覚できるようになり、その日本語なりを外国語にするには、自分のどのような知識や情報が欠けているか自己分析できるようになると思います。 

 外国語は文や単語を鵜呑みにして暗記してできるようになるものでありません。分析と理解力を必要とする科学なのです。そして、作文力は語学習得のすべての原点です。作文ができなければ結局は(多少とも自分の言いたいことを)話せませんし、話せない人はそれと同等の外国語文を聞き取ることはできません。そして、書けない人の読解力は必ず読み間違いがあるものです。この機会にひとりでも多くの方にポリグロット・メソッドを知っていただければ望外の喜びです。

 なお、テキストの構成などは、昨年ご好評をいただいた「イタリア語作文」コースの「内容説明」がありますので、ぜひご覧になってください。どのようになっているかが具体的におわかりいただけると思います。英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語も同様の方針で編集してまいります。参考にご覧下さい: 

イタリア語作文講座の概要 

<コースの特徴>

●受講生全員、猪浦道夫先生の直接指導です。

●各コース定員4名に限定させて頂きます。

■受講料 ¥36,000(英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語とも)

入会金 ¥5,000(既に他コースを受講の方は無料)

■受講のお申込みは、下記の必要項目をご記入の上

●E-mail:general@polyglot.jp
●郵便:〒167-0042 東京都杉並区西荻北3-5-5 ドムス荻生501 メルクリオ通信部分室
●電話:03-3358-2856 (電話は出られないことがありますので、なるべくメールにてお願いします)
(受付時間 11:00〜18:00、月曜から金曜日まで、土日、祝日はお休みです)
までお申込み下さい。



1.受講コース名:○○語作文講座(○月特別募集)
2.氏名(フリガナ):
3.住所:〒
4.TEL:
5.FAX:
6.E-mail:
7.生年月日:
8.課題受取方法 :(原則としてメール受け取りになります。
メールでの受信が難しい場合は事務局にご相談下さい)
9.答案の提出方法:
A.メール(ワードファイルまたはPDFファイルの添付)
B.FAX
C.郵送 
10.ご入金予定日及びお支払方法(一括、分割):
  <振込み先>
三菱東京UFJ銀行 高田馬場支店 (普)1508715 口座名義:メルクリオ
*振込控をもって領収証に替えさせていただきます。
*現金書留、分割による送金も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。
11.受講の目的、目標:
12.その他ご要望など:


■お問い合せ・ご相談をご希望の方へ

  • お問合せ・ご相談がある方は、なるべくメールにて general@polyglot.jp までお寄せください。事務的なことは担当から、内容については猪浦先生より直接お返事いたします(お返事に2〜3日かかることがあります)。
  • なお、誠に恐縮でございますが、お問い合せ・ご相談が大変多く、またカウンセラーが通学教室の授業や通訳・翻訳業務も兼任している関係上、電話でのカウンセリングに即時に対応できない場合がございます。何卒ご了承下さい。
お問い合せ・ご相談電話番号:03-3358-2856
(受付時間 11001800、月曜から金曜日まで)
(土日、祝日はお休みです)
  • そこで、メールアドレスをお持ちのお客様は誠に恐縮ですが、メールでお問い合せいただきますと大変有り難く存じます。何卒ご協力のほどお願い申し上げます。お葉書、お手紙によるご相談も受け付けております。
メール:general@polyglot.jp
郵便:〒167-0042 東京都杉並区西荻北窪 3-5-5 ドムス荻生501  
メルクリオ通信部分室 行 
★受講希望者の方は、差し支えない範囲で次の情報もお寄せください。猪浦先生のご希望です。
  1. 関心のある言語
  2. 学習の目的は(ビジネス?、キャリアアップ?、留学?、趣味?、通訳・翻訳者になりたい?、その他)
  3. 今までの学習経験は(初心者、過去の学習したことがある、短期留学経験ありなど)