ポリグロット翻訳検定試験

ポリグロット実務翻訳試験

趣旨・新しい検定試験の提言

 翻訳文化花盛りの今日ですが、優れた翻訳者はなかなか育ちません。これにはいくつか理由が考えられますが、その大きな理由のひとつは、我が国の偏った英語教育と国語としての国語(日本語)教育の軽視 です。 他方、インターネットの普及に伴ない、多くの翻訳ソフトが市場に出回っているようですが、やはり本 格的な文学作品や重要なビジネス文書となると、まだまだ使い物になりません。翻訳業界では二分化が進行しています。優れた翻訳者は引っ張りだこで翻訳会社が奪い合いをしているのに対し、一昔前には多少は仕事が得られた、少し実力が足りない翻訳者は、翻訳ソフトに仕事をとられて仕事を失いつつあります。
 こうした状況のなかで、フェアで建設的な意味での「翻訳能力検定試験」の必要性が社会のニーズ として出てきました。この翻訳検定は、マルチカルチュラルな文化を正しく美しい日本語で多くの読者に提供することができる翻訳家を世に輩出することを目的としています。 

詳細を確認する

語種とレベル

英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語、ポルトガル語、オランダ語、スウェーデン語、デンマーク語の9か国語の試験を実施します。

詳細を確認する

欧州ビジネス研究所

サイト工事中