HOME
21世紀型の国際文化ビジネススクール 
MERCURIO
2017年度 春季 要項
TRIVIUM (5か国語翻訳コース) PIRIA (アート系志望者のための語学コース) VALENTE (技術系翻訳スクール)

 当スクールの設立趣旨

<何を学ぶか>

 このメルクリオのプログラムは、基本的に、対ヨーロッパのビジネスに興味をもつ人を対象として、いわば「外国語学校」と「ビジネススクール」と「OA&インターネット・スクール」、それに「アート(美術 or 音楽 or 料理)アカデミー」を程よくブレンドしたようなものだと考えてください。

メルクリオは、次の3つの柱からなります。
   1) 英語、フランス語、イタリア語(orスペイン語orドイツ語)という3言語の習得
   2) 国際ビジネス、起業に必要な経営実務を学ぶ
   3) コンピュータの基礎を習得し、インターネットのビジネス利用のスキルを学ぶ

 これに加えて、メルクリオは「感性の豊かな教養あるビジネスピープル」の育成を目標とします。そのため、上記の3つの基本スキルのほかに、次のようなセミナーやスクーリングを通して、幅広い国際的な人的ネットワークをつくっていきます。
   4) ディプロマティック・プロトコル(ビジネスで実践的に役立つ様々なノウハウの体得)
   5) カルチュラル・プロトコル(現代の国際社会では、広く文化的な教養的のないビジネスピープルは失格です。その意味で、あなたの知的バックグラウンドを磨きます)
   6) イベント、サークル(海外のアートストやビジネスマンとの交流の場「ユーロフォーラム」、同じ志をもつ仲間や、既に国際社会で活躍しているポリグロットのOB、OGの人材ネットワーク「ネブラ」への参加)

<コースの種類と取得科目>   

■ 起業コース
■ 商品開発コース
(翻訳家養成コース、通訳・ビジネスコーディネーター養成、語学教師養成の各コース は ポリグロット翻訳スクール設立に  伴い、同スクール内に開設されます)

(学習する科目) (詳細は別表を参照
■外国語: 初級〜上級、 ビジネス語学、翻訳演習、通訳演習、外国語教授法、日本語教授法など
■マネージメント: ビジネス基礎、起業セミナー、法務、会計、国際金融、マーケティング、 プランニング、ケーススタディなど
■ I T :ワープロソフト、表計算ソフト、ネットビジネス、企画・図形ソフト、ウェブデザイン、ローカライゼーションなど 
■教養 ビジネスマナー: ビジネスマナー、異文化コミュニケーション、各国別事情学習       
■アート: 音楽、美術、フード、モード、ライフアメニティ、レジャー

<コースの決め方>

だいたいですが、次のような手順で決められるのがよいと思います。

    自分で会社を作るか個人営業主としてビジネスをなさりたい方 > 起業コース
   文化的商品開発をプロデュースなさりたい方 > 商品開発コース

<入学対象>

 このコースは、性別、年令、国籍、すべてに制限はありません。どなたでも受講いただけます。

<学習方法>

 メルクリオは通信教育を基本としますが、次のようなあらゆる学習方法を通じて、あなたの学習をサポートします。どの方法をどのように組み合わせるかは、個人個人でカウンセラーと相談のうえ、決めていきます。
■インターネット利用を含む通信教育
■個人レッスン(Skypeによるレッスンを含む)
■グループレッスン(Skypeによるレッスンを含む)
■集中セミナー(地方都市、海外を含む)
■1日セミナー(地方都市、海外を含む)
■ブレスト、ケーススタディなどの共同ワークショップ
■海外短期留学、海外セミナー
■オン・ザ・ジョブ・トレーニング
■イベント参加

<受講科目>

 メルクリオでは下記の科目を常時開設している他、受講者の希望によって、フレクシブルに新たな講座を開設します。 なお、受講者の「専攻のアート科目」に関しては、受講者の専攻分野にふさわしい指導教官を指定し、その教官とのインタビューを踏まえた上で、学習内容を決定していきます。

1. 語学(英語、フランス語、イタリア語)
 各言語一定のレベルを目指します。このため、メルクリオ独自の実践的なビジネス語学能力検定試験を実施します。また、英検、実用フランス語技能検定のような具体的目標をおもちの受講生には、そのための具体的な学習指導もいたします。(既に充分な能力が備わっていると思われる外国語に関しては、その一部または全部の科目の受講を免除するところがあります。これについては、受講科目一覧表の下段に掲載してある「単位認定の目安」をご覧ください。

    各言語、入門(英語の場合、再チャレンジ英語)、中級、上級レベル
    ビジネスフランス(イタリア、英)語、ビジネス・ライティング、
    翻訳演習、通訳演習、外国語教授法、日本語教授法など。
       選択として、スペイン語、ドイツ語、ラテン語など。

2. ビジネスアドミニストレーション
 ビジネスの基礎、アカウンティング(会計基礎)、ファイナンシング&キャッシュフロー・マネージメント、ヒューマン・リソース・マネージメント&アライアンス(組織と経営理論)、ビジネス・プランニング、マーケティング&プロモーション、ビジネス・ローなどの基本的な講座のほかに、自分で会社を立ち上げる人のための起業セミナー、海外ビジネス展開のための国際金融と外為のコースなど。

3. コンピューター&インターネット
 パソコンプラクティス、応用パソコン、海外のソフトウェア研究、ウェブサイト制作、ローカライゼーション、インターネットビジネスセミナーなど

4. ディプロマティック・プロトコル
 ビジネスマナー、異文化コミュニケーション、セクレタリースキル、ツーリズム関連実務などのほか、興味のある国の政治、経済、地理、歴史、宗教など

5. カルチュラル・プロトコル
 文学、演劇、映画、料理と食生活、ワイン、音楽、美術、建築、ジュエリー、香水、ハーブとアロマテラピー、スポーツなどの知識を深める

<授業外活動>

 「メルクリオ」では、3カ月に1回「ユーロフォーラム」を開きます。このフォーラムでは、レクチャー、パネルディスカッション、パーティなどを通して、外国人を含む様々な分野の人たちと情報交換ができる交流の場で、起業独立後の知的、人的財産を蓄える場とお考え下さい。
 また「ネブラ」はポリグロット設立以来15年間のOB、OGのネットワークで,1ケ月に1度を原則として例会を開きます。こちらは、どちらかというと文化的な色彩の濃いイベントです。

<学習科目の決定>

 この学校はある種のフリースクールです。勉強というものは、本来「自分のやりたいこと、学びたいことを、自分の意思で、しかし責任をもってする」というのが原則です。私たちは、中世のボローニャ大学の精神に立ち帰ることから始めます。すべてはあなたが決めてください。その前に納得のいくまで御相談にのります。

<学習の流れ>

下記のプロセスは、すべてネット上で進めていただけます。

1)入学申込み準備アンケートに記入して提出
2)担当のアドバイザーと相談の上、学習計画を作成し、当面の受講科目を決定
3)学習科目により受講料が決定、通知される
4)受講料を納入する
5)各科目担当のインストラクターが決定され、課題が送られる
6)参考図書の指定がある場合は、それを入手する
7)以後一定期間、希望するペースで学習を進める
8)課題終了後、一定の成果をあげた方に修了証書が発行される

<OJT制度>

 メルクリオでは、当校のOB,OGが立ち上げたプロジェクトが進行しています。興味のある方は、そのコラボレーターとしてその起業プロジェクトに参加できます。現在(2012年3月1日現在)、進行中準備中のプロジェクトは次のようなものです。

1)複数言語によるネット日本語学校
2)外国人学習者向け日本語翻訳スクール
3)日本の伝統文化サイトおよびそれに関連する諸ビジネス
4)イタリアの文化サイトおよびそれに関連する諸ビジネス
5)フランスの文化サイトおよびそれに関連する諸ビジネス
6)ドイツ語圏諸国の文化サイトおよびそれに関連する諸ビジネス
7)スペイン、ポルトガルの文化サイトおよびそれに関連する諸ビジネス
8)北欧諸国の文化サイトおよびそれに関連する諸ビジネス

<起業相談>

 コース修了後、起業、独立を考えているメルクリオ卒業者には、次のようなフォローアップいたします。 これらのサポートには無償で行なう範囲と有償になる範囲がありますが、費用が発生する場合は、必ず予めその費用を明かにし、受講者の合意を得たうえで進めますので、ご安心下さい。

1)履修中、ビジネススキル担当教官が、起業プロセスのシミュレーションサポート
2)大きいプロジェクトの場合は、他の受講生と共同事業家の可能性を探り、アレンジする
3)ベンチャーキャピタル、政府系奨励金など、起業に必要な資金調達に関する情報提供
4)起業に必要なアライアンス先、人材に関する情報提供
5)海外コミュニケーションサポートの経済的なソリューション
6)海外のビジネス情報、人材、アライアンス先の提供
7)海外での会社設立代行及びレプレゼンタティブの紹介
8)営業開始後の総合コンサルティング
9)その他、国際ビジネスに関連するあらゆる業務のコンサルティング

<個別相談>

 「メルクリオ」に入学される方は、将来の展望にあわせて最も効率よく有用なスキルを身につけていただくため、カウンセラーが語学学習方法も含めたカウンセリングをいたします。

<修了証書>

 開講科目のうち、指定の科目で一定の成果を得られた方にサ−ティフィケート(修了証書)を発行します。このコースを修了された方は、就職活動のさいなどに必要とあれば、本コース修了者として語学能力証明書、推薦状を発行いたします。

<既得能力の単位認定>

 メルクリオでは、自己申告により、カウンセリングまたはプレースメントテスト、面接試験等などで、各種の資格をおもちになるなどすでに何らかのかたちである分野のスキルを充分身に着けていると認められた場合、その科目の受講を免除して単位を認定します。 この場合、もちろん受講しない講座の授業料は納める必要はありません。ただし語学力判定などで資格をもたない人のために、能力評価試験を行い、その能力を認める場合は、評価試験の受験料を申し受けます。

<メルクリオ生の特典>

1)ポリグロットの1日セミナーは、すべて20%割引で受講できます。
2)平日開講の通学クラス、夕方のセミナーは、20%割引で受講できます。
3)プチ通信教育の当該言語のコースは、30%割引で受講できます。
4)猪浦先生の著作「再チャレンジ英語講座1〜6巻全巻」(¥15,000)を無料贈呈(既にお求めいただいていいる方は、今後ポリグロット出版で出版される著書 ¥16,000円分の図書券贈呈します)
5)2013年7月までにポリグロット出版で出版される本はすべて20%割引となります。
6)夏、秋に企画される欧州語学セミナーに参加される場合、セミナー受講費が20%割引になります。

 

<入学金及び受講料>

入学金: 5万円      基本受講料: 39万5千円
1.基本受講料から受講免除科目分の受講料を差し引いた額が最終受講料になります。
2. 分割払いご希望の方は3分割まで可能ですので、事務局にご相談ください。

そのほかご希望がある方はは事務局にご相談ください。

 

<お申し込み方法>

 まずは事務局にご連絡ください。アンケートを差し上げますので、それを元に担当の先生に語学その他のコースデザインを制作していたいただき、その概算を見積もりさせていただきますので、ゆっくりご検討ください。   

ご連絡は こちらへ



メルクリオとは

Mercurio という言葉は、ローマの商業(同時に泥棒の)の守護神で『市場』『商品』『水星』などの語源になっている名前です。

「メルクリオ」は「ある文化圏、または国に魅力を感じている人」がこれらの国々と何らかの形で接しながらキャリアアップして行くのをサポートするため、ポリグロット外国語研究所が、これまでの語学教育の実績を基礎に設立した文化・アメニティビジネスを志向する方々を対象としたビジネス・スクールです。

つまり、メルクリオは「アート・ビジネス起業家」や「アート商品発」、「アートイベントプロデューサー」、そしてもちろん「国際ビジネスコミュニケーター」を養成する学校なのです。

メルクリオでの学習は、基本的にはインターネット利用の通信教育と集中セミナーを主体としていますが、その他、グループレッスン、ワークショップ、そしてビジネスシミレーションなども適宜開催しています。


メルクリオの特徴

メルクリオでは下記のようなさまざまなニーズのある方々にお勧めです。
具体的なソリューションをもってお答えしています。

■ 英語、フランス語、イタリア語を効率よく習得したい
■ PCを自在に操れるようになり、インターネットビジネスについての知識を得たい
■ 経営の基礎を学び、自分でビジネスをしてみたい
■ 仕事のスケジュールが不規則だったりして、学校へ行く時間がなかなかとれない
■ 好きなときに始められ、その後の学習のペースを自分で決めたい
■ 地方、外国に住んでいるので学校に通えない
■ 経済的にコストパフォーマンスのよい学校をさがしている
■ 外国でレッスン・セミナーを受けたい方
■ 欧州の美術、音楽、食文化、ライフスタイルなどに興味があり、それらに接していられる仕事をしたい
■ 語学力を生かした様々な仕事や、外国で働く可能性に関する情報など入手したい
■ 外国人の起業家や志を同じくする人との交流の場が欲しい
■ よい就職、また自らの事業展開に役立つ人脈を作りたい