ポリグロット・語学通信教育 プチ・コース
フランス語
比較表現・徹底演習ドリル
西洋言語にあって日本語にない文法現象は、冠詞、関係詞とこの比較級です。そのせいか、比較表現は非常に難しいものです。さまざまな応用表現を含めて、比較表現、相関構文をこの講座で徹底的にマスターしましょう。
編集主幹 染谷実根子 (ポリグロット外国語研究所主任研究員・翻訳家)
受講期間・課題配信開始日 4週間(20回)  原則として 第2月曜日・配信開始

講座概要
一口に比較表現といっても、様々なスタイルがあります。また、劣等比較の「より少なく〜である」という考え方は日本語にはないもので、日本語にとらわれない思考プロセスが必要です。本ドリルでは、幅広い比較表現が身に付くよう、基本から慣用表現に至るまで多様な比較・最上級表現を取り上げました。ドリルではありますが、ただ問題を解くだけ、数をこなすだけといったものではなく、問題を通じてより深い視点から比較表現を理解し、フランス語らしく表現する、ということを重視して作成しました。「tantとautantの違いは?」、「比較文に付く虚辞のneとは?」といった一歩踏み込んだ内容の解説も充実させ、比較・最上級表現を掘り下げた実践型の参考書のようなものになっています。ドリルの問題自体は、基本単語を中心に幅広くピックアップしていますので、中級以上の方はもちろん、初級の方も語彙力強化を兼ねてぜひチャレンジしてみてください。配信後も、比較表現の手引書としてその後の学習に末永く役立てていただけたら光栄です。(染谷実根子)

受講料

\ 6,500

お申込みはこちら