ポリグロット・語学通信教育 プチ・コース
イタリア語
前置詞・徹底ドリル・コロケーション編

いわゆる日本語の「テニヲハ」にあたる前置詞の用法は、各言語とも非常に多様で難しいものです。この講座では、特に、動詞や形容詞がいわば「要求する」(英文法でいうコロケーション)前置詞へのアプローチを中心に、いかに前置詞の正しい使い分けをできるようにするかを研究します。

編集主幹 大潟すみれ (ポリグロット外国語研究所主任研究員・通訳)
受講期間・課題配信開始日 4週間(20回)  原則として 第2月曜日・配信開始

講座概要
前置詞というのは、疑問を抱えたまま使用している人が多い文法項目です。疑問を解消するためには、下記の2ステップをしっかり区別して学習する必要があります。
 1) まず、各前置詞の基本的機能を理解する。
 2) 次に、動詞や名詞に要求され、慣用的に決まる前置詞(例:tirare suのsuなど)を、分析しながら覚える。
 (このような語と語の慣用的なつながりを「コロケーション」と言います。)
イタリア語前置詞ドリルは、基本編とコロケーション編の2部構成(別売)となっています。ドリルで学習を積めば、前置詞を覚えるのではなく理解することができ、例外であっても分析して意味を推測する力がつきます。きっと今まで見たことのない構文の中でも前置詞を使えるようになるはずです。 皆さんの受講を心よりお待ちしています。 (大潟すみれ)

受講料

\ 6,500

お申込みはこちら