出版TOP

 猪浦道夫著 学校で教わらなかった英文法」(PDF版) 定価 \2,000

ご購入はこちらから

  私は高校時代まで英語は落ちこぼれ生徒でした。その私がわけあってフランス語を勉強することになり、さらにはいろいろな言語を学び、とうとう言語学まで学ぶようになっていくうちに、「な〜んだ、学校でこうやって教えてくれていれば、英語もできるようになっていたのに」と思うようなことがたくさんわかりました。
 
この本では、私が英語以外の言語を勉強したり、いろいろな国の外国人に日本語を教えているうちに、いわば「発見したことを思いつくまま皆さんにお話ししたいと思って書きました。気楽に、でもじっくりと読んでいただけたらとても嬉しいです。(著者談)

目次

はじめに
1) There is 構文
2) go downtown
3) 3つの格を引き受けた him
4) しつこい英語表現 身体所有名詞
5) 繋辞動詞
6) 冠詞の基本的意味
7) 未来表現
8) 副詞の all
9) “Be + 副詞” の群動詞
10) 変な自動詞
11) 完了不定詞または過去現在動詞
12) Would の本質
13) Should の本質
14) 総称(一般概念)の表し方
15) 関係節の先行詞につく冠詞
16) 時の副詞句
17) one
18) 熟語におけるゼロ冠詞
19) 現在完了の本質
20) 群動詞または動詞副詞結合
21) 後置される形容詞
22) 数値表現
23) 品詞感
24) 動名詞と不定詞
25) 交通手段表現
26) 比較の範囲の副詞句
27) Be 動詞の補語になる副詞
28) on the way
29) 副詞的目的格
30) 「させる、してもらう」の構文
31) 経験をきく表現
32) it と that, this
33) 度量衡構文
34) 記述の属格
35) 時の属格
36) 「として」の語法
37) 他力本願動詞
38) レンタル移籍したwill
39) 仮定法または接続法
40) 条件法または過去未来形
41) 3つの流れの would do
42) 配分詞表現