ドイツ語・誤訳しない翻訳法   

ドイツ語の文章の語順の法則を説明できますか〜    

 お申込みはこちらに

。。

【趣旨】

Oドイツ語翻訳で鍵を握るのはなんと言っても統辞(語順)のメカニズムを理解することです。文の分析ができなければ正しい読解はできません。ところが、市販の参考書では、この問題に関する体系的な指導法というものが見当たりません。かくいう私も、そのためドイツ語を読めるようになるのに大変な遠回りをしました。
Oこのセミナーでは、英語と比較しながら、ドイツ語の文章の語順が決まるメカニズムを明らかにしながら、誤訳しないための翻訳のスキルを学びます。初級文法が一通り終わっていれば充分ですので、ふるってご参加ください。

p

【講義内容】

第1部(講義)  

I: 翻訳作業のプロセス
  
1)文の分析(文の種類 文節 文の要素 品詞)
    A)文頭に主語が立つ確率は40%以下
    B)文頭に立つ文要素は何か
    C)枠構造は動詞だけのことではない
    D)従来の記述では nicht の位置はわからない 
    E)ドイツ語の文章の語順が決まるメカニズム
    F)冠飾句
    G)文法的連語
    H)機能的動詞構造
    I)不定詞句
    J) da(hier, wo) + 前置詞の構造

  2)正確な直訳
  
3)直訳のリライト
  
4)専門用語の検索
  
5)未解決部分の処理
  
6)推敲・訳語統一

II: Communication Grammar
   A)語彙の対応
   B)表現の発想の違い
   C)スピーチレベルと文体

第2部  演習

    語順を理解し、正確に文を分析しながら、読解のプロセスを確認します。