< 英語の語彙 強烈パワーアップ・セミナー  「ラテン&ギリシャ系語彙」編 >

 

  英語の膨大な語彙を覚えるにはただやみくもに暗記していたら、一生が終わってしまいます。ちょうど漢字を覚えるときに偏やつくりを

覚えると覚えやすいように、英語の単語にも接頭辞や接尾辞など手がかりになるものはあります。昨今、受験性でも、簡単な接頭辞、

接尾辞は知っています。そこで、今回は、それより少しばかり専門的なことにまで踏み込み、ワクワクドキドキの大人の世界を味わって

みたいと思います。 今回は、ただ接頭辞、接尾辞などを羅列するだけではなく、ラテン系接辞とギリシャ系接辞を並べて、それらが含まれる 

日本語となっている言葉を捜す「遊び」をいたしましょう。 英語の単語は大雑把にいうと、次のような構成になっているのをご存知ですか。

     

特殊な学術用語・専門用語     ギリシャ語語源       

一般の学術用語・品のよい言葉     ラテン語起源(多くはフランス語経由)       

一般日常的な言葉 俗語     低地ドイツ語(英語の直接の祖先)+バイキングの北欧語     

  言葉というものは、使用頻度が低いほど、時代の荒波にもまれず、いつまでも原形をとどめているものです。言い換えれば   

学術用語になればなるほど、他の言語と同じ単語なのです。極端に言えば、ギリシャ語系の医学用語、科学用語などは   

欧州ほとんどの国(下手すると日本語ですら)で共通なのです。     

  ラテン語、ギリシャ語、そのほかフランス語などの素養のない方でも愉しく参加していただけますので、安心してご来場ください。

初心者も大歓迎です。  

 

<当日のお話のサンプル>  

1. 重い  ラ gravi-  ギ baro-    > gravity VS barometer 他にあるかな    

2.  水   ラ aqui-  ギ hydro    > aquarium VS hydrogen   アクワフィルター?  

3. 時  ラ tempori-  ギ chrono-   > temporary VS chronology   音楽のテンポも?  

4. 光  ラ luce  ギ photo-   > luciferous VS photography   マツダのルーチェ、高度のルックス?   

5. 足  ラ pedi  ギ podo-   > pedal VS tetrapod   ペディキュアは? テトラパックとの関係は?  

6. 風  ラ venti-  ギ anemo-   > ventilator VS anemone   アネモネが風とどういう関係が?