誤訳しないスペイン語翻訳術  〜ちゃんと文章を分析できますか〜    

 お申込みはこちらに

++

【対象】

 ・スペイン語の読解に自信のもてないでいる方

 ・勉強の仕方に迷っている方、もっとも効率のよい学習法を模索している方など

【セミナー内容】

  スペイン語はきちんと勉強すれば難しい言語ではない

  スペイン語はきちんとした言語ですので、きまりをきちんと守って勉強すれば決して難しい言語では

  ありません。スペイン語は、

  1) (日本人にとって)発音が易しい(しかし、そこは外国語、なめてかかってはいけませんけどね)

  2) 文法の鍵はなんと言っても動詞の活用(でも難しいのは、現在形と完了過去)。冠詞の

     用法は英語と大きく異なる。、

  3) 統辞(=語順)は英語とかなり異なる。分析をきちんとしないと読み違ったり、ニュアンスを

     性格のとれない。

  翻訳者はなぜ育たない

  さて、ところで、私は翻訳会社を始めて20年、また、通信教育による翻訳講座を開設して

  15年以上経験してきて、いくつかの事実に気づきました。それは、

   1) 英語学習の影響で「訳抜け」や「ラフな訳」をする

   2) 原文が「直訳でも日本語になりやすい文」である場合でも、安易に訳文をいじる

   3) スピーチレベルに関心を払わない

   4) 「どうしてそのような訳が思い浮かぶのか頭を捻るような訳文」を書く

   5) 固有名詞の日本語での表記など、意外と常識、一般雑学知識の乏しく、そうした

     情報を調査するといったことにあまり努力しない

  これらの原因はどこにあるのでしょう。その原因はこうです。

   1) 文の徹底的な分析ができていない(「分析」の仕方も習っていないし、それに必要な

    「文法用語」、「品詞の定義・意味」も習っていない)

   2) 文を正しく解釈するときに守らなければならない「ルール」を知らないし、そのルールは

     どのように知るかの方法論を知らない

   3) 言語というものがどのようなものかわかっていない(そのため、単語の意味に対する想像力、

     力、比喩の普遍性などを、日本語に置き換えて考えてみたり、類似の現象を探してみ

     りする練習をしていない) そのため、何を理解していなければならないか、何を覚えて

     いなければならないか(逆に覚える必要はないか)、がわからず、いたずらに不必要な勉強

     をしている(そういう勉強は、たいてい面白くない)

  でも、ご安心あれ。

  それは70%はあなたのせいではないのです。国語を含めた日本のの言語語教育がよく

  なかったのです。というわけで、このセミナーは、上に述べたルールを学んでいただく「とても

  楽しい」セミナーです。

-----------------------------------------------------------------

【講義内容】

  「分析できない人は絶対にスペイン語が書けないよ」 > 書けないと「ちゃんと話せないよ」

   1)分析の方法    A)名詞句の分析   B)節(文)の分析   C)語順の体系的整理

   2)品詞の定義    「副詞」って何ですか、自動詞・他動詞って何ですか、答えられる?

   3)直訳すると変てこな英文    A)発想転換を必要とする文   B)物主構文

   4)翻訳に必要な情報   

   5)演習    実際にスペイン語の文章を「分析読み」してみよう

               そのほか、みんなの悩み相談室