フランス語 中級 作文術 <従属節の立て方>

<趣旨>
 単文レベルでのフランス語が書けるようになりますと、さらに複雑な文章を書くためには、どうしても従属節を立てる 必要が出てきます。フランス語では、こうした従属節を非常に論理的な方法できれいに分類しています。私たちも、 ふだんファジーになりがちな「日本語の文」を、この機会に論理的に考えながら、フランス語にしてみましょう。

  1.時況の接続詞を使って: quand, lorsque, pendant que, comme, avant que, jusqu'a ce que, apres que,
                   depuis que, une fois que, des que, aussitot que, a peine que など

  2.原因の接続詞を使って: comme, parce que, puisque, etant donne que など

  3.結果の接続詞を使って: si ... que, tant ... que, tel ... que, de facon que, de maniere que. など

  4.目的の接続詞を使って: pour que, afin que, de facon que, assez ... pour que, trop ... pour que など

  5.条件・仮定の接続詞を使って: si, au cas ou, a condition que, pourvu que, a moins que, sans que など

  6.譲歩の接続詞を使って: bien que, quoique, meme si, quand meme, sans que, quelque que, si ... que,
                    tout ... que, pour ... que, qui que, quoi que, quel que, ou que など

  7.対立の接続詞を使って: tandis que, alors que, loin que など

  8.比較・比例の接続詞を使って: plus (...) que, moins (...) que, autre ... que, plutot que, aussi ... que,
                   ainsi que, comme, tel que, meme ... que, autant que, comme si, selon que,
                   suivant que, d'autant plus (...) que, (au fur et) a mesure que など

  9.追加・除外の接続詞を使って: sauf que, outre que, excepte que など

     初級文法を一通り終えた方なら、どなたでもご参加いただけます。