イタリア語 中級 作文術 <従属節の立て方を中心に>

<趣旨>
 単文レベルでのイタリア語が書けるようになりますと、さらに複雑な文章を書くためには、どうしても従属節を立てる 必要が出てきます。イタリア語では、こうした従属節を非常に論理的な方法できれいに分類しています。私たちも、 ふだんファジーになりがちな「日本語の文」を、この機会に論理的に考えながら、イタリア語にしてみましょう。

  1.時況の接続詞を使って: quando, mentre, che, finche', dacche', allorche', appena, come, dopo che, ogni volta che など

  2.原因の接続詞を使って: perche', giacche', poiche', che', siccome など

  3.結果の接続詞を使って: cosi' ... che, si' ... che, talmente ... che, di modo ... che, al punto ... che . など

  4.目的の接続詞を使って: perche', affinche', acciocche', che, onde など

  5.条件・仮定の接続詞を使って: se, purche', dato che, a patto che, a condizione che, sempre che, posto che, premesso che, nel caso che, a meno che, supposto che など

  6.譲歩の接続詞を使って: benche', sebbene, quantunque, per quanto, anche se, nonostante che, malgrado che, seppure など

  7.様式の接続詞を使って: come, siccome, quasi, comunque, come se, nel modo che, appena など

  8.比較・比例の接続詞を使って: come, siccome, piuttosto che, piu' ... che, tanto ... che など

  9.除外の接続詞を使って: eccetto che, salvo che, fuorche', tranne che, senza che など

     初級文法を一通り終えた方なら、どなたでもご参加いただけます。